• 芸能人・プロスポーツ選手・ミュージシャン・政治家・医師・大学教授・教員・知識人・経営者・公務員等 多種多様な有名人の駆け込み寺

①相手に恐怖感を与える

相手に恐怖感を与える  目的を達成するためには、まず自分が暴力団(ヤクザ)であることを対応者に分からせる必要がありまず。
分からせることによって、相手が勝手に暴力団(ヤクザ)のイメージで勝手に怖がってくれるのです。
一度火がついた恐怖心というのは、増幅はしやすく、おさまりにくいのです。
今時の暴力団(ヤクザ)は、「おれは○○組のもんや」
などと暴力団(ヤクザ)の看板を前面に出して脅せば、恐喝罪、強要罪等により逮捕される可能性のある事を知っているので、露骨な脅迫はしません。
昔は、看板のロゴ入り名刺もよく使われましたが、今は使われなくなりました。
名刺や露骨に暴力団(ヤクザ)であることを強調しなくても、匂わせる脅迫手段で充分に相手は怖がってくれるのです。
他に、俺の顔も立ててくれ
うちには血の気の多い若い衆がいるで
等と、口調を荒げた言葉遣いで、暗に自分が暴力団員であることを誇示するケースも増えています。

②相手を精神的・肉体的に疲労させる

相手を精神的・肉体的に疲労させる
時間の経過とともに相手を精神的・肉体的に疲労させていくと、思考能力もおかしくなっていきます。
疲労させた結果、望む通りの要求を受けさせようと画策するのです。
具体的な方法として、
長時間居座り続ける
連続した電話で再三要求し続ける
大人数で押しかける
等は暴力団(ヤクザ)の常とう手段になります。
これらの常とう手段も刑法等、違法行為にならないように、細心の注意を払って行います。

暴力団(ヤクザ)に限らずに、人の弱みに付け込み骨までしゃぶろうとくいついてくるような脅迫者は社会のクズ以外のなにものでもないです。

③仕事を妨害する

堂々と露骨に営業妨害すれば捜査当局の取締りの対象となります。
隠れ蓑的に、例えば、政治活動等に名を借りたりして、
街宣車や街宣活動等を繰り返して行う
大人数で周辺をうろうろする
故意に忙しい時間帯に面会要求を行う
等の手段により
巧妙に、間接的に営業妨害をするのです。

④目的(恐喝行為等)を達成するために役割分担を行う

相手から便宜を引き出しやすくする為に
強引に要求を突き付ける脅かし役と、
適当な妥協案を提示して話をまとめる役という様に、
「脅し役」と「なだめ役」の役割分担をしてくるのは暴力団(ヤクザ)の常とう手段です。