• 芸能人・プロスポーツ選手・ミュージシャン・政治家・医師・大学教授・教員・知識人・経営者・公務員等 多種多様な有名人の駆け込み寺

美人局(つつもたせ)とは、夫婦が共謀し行う恐喝または詐欺行為である。妻が「カモ」になる男性を誘って姦通し、行為の最中または終わった瞬間に夫が現れて、妻を犯したことに因縁をつけ、法外な金銭を脅し取ることである。また、妻でなく、他の女で同等行為に至った場合でも類推される。
 出会い系サイトやツーショットダイヤルなどで知り合った女性から、部屋に誘われ衣服を脱ぎ、いざ性行為などを行おうとしたときに、女性の仲間の男性が登場して「俺の女に何をする」というのが典型的なパターンである。

これらに類される行為で、典型的なものは男性が女と会う約束をして実際に行ってみると、屈強な男に囲まれ金品を巻き上げられるという手法である。また呼び出されてラブホテルに入っていく所を写真に撮られ、後日家族や会社に曝露すると脅迫してくるケースもある。

また、加害者の女が18歳未満である場合、被害者の男性は、淫行条例、児童福祉法、児童買春・児童ポルノ禁止法(児童買春)などの法律に違反する可能性がある。そのため、警察に被害届や告訴状が出せず、泣き寝入りになりやすい。もちろん、加害者側もそれを見越して、18歳未満の女性を用意する傾向がある。また、おやじ狩りなどに代表される青少年犯罪の一形態として同種事件が起こる事例も報告されている。実際には、強盗殺人事件に発展したり、脅し取った金が暴力団の資金源になったりする事例がある。

上記は、美人局の定義ですが
実務的には
夫婦である必要はなく、夫婦の偽装、又はカップルやカップルの偽装
で美人局を行うのです。

よくある“美人局”の特徴

 美人局(つつもたせ)の由来

 美人局とは、夫婦がグルになって他の男と妻を深い関係にさせ、それをネタに金銭を要求したり脅迫することですが、なぜそれが美人局(つつもたせ)と呼ばれるようになったのか、気になったことはありませんか?

 A びじんきょくって知ってる?
 B もしかして、つつもたせのこと?
 A え?

と恥ずかしい読み間違えをした人も多いと思われるこの言葉。

 実はその漢字と読み仮名は別々の起源を持つとされています。

 漢字の“美人局”は、語源が中国にあり、元の時代までさかのぼります。

 娼婦を使って少年に売春をさせ、その女を自分の妻だと偽って金銭を奪い取っていた犯罪のことを指したものとされ、現在の美人局と同じような意味合いで使われていたようです。

 一方、読み仮名の“つつもたせ”の方は、昔日本ではやっていた丁半博打(筒を使って行われます)で行われるイカサマのことを「筒もたせ」と読んでいたことが起源となっています。

そして、中国の美人局、日本の筒もたせが詐欺やイカサマという点で似ていることから、当て字として使われるようになったとされているのです。