• 芸能人・プロスポーツ選手・ミュージシャン・政治家・医師・大学教授・教員・知識人・経営者・公務員等 多種多様な有名人の駆け込み寺

美人局脅迫被害・恐喝被害 相談 100%完全解決

美人局 

 

美人局(つつもたせ)とは、夫婦が共謀し行う恐喝または詐欺行為である。妻が「カモ」になる男性を誘って姦通し、行為の最中または終わった瞬間に夫が現れて、妻を犯したことに因縁をつけ、法外な金銭を脅し取ることである。また、妻でなく、他の女で同等行為に至った場合でも類推される。
出会い系サイトやツーショットダイヤルなどで知り合った女性から、部屋に誘われ衣服を脱ぎ、いざ性行為などを行おうとしたときに、女性の仲間の男性が登場して「俺の女に何をする」というのが典型的なパターンである。

これらに類される行為で、典型的なものは男性が女と会う約束をして実際に行ってみると、屈強な男に囲まれ金品を巻き上げられるという手法である。また呼び出されてラブホテルに入っていく所を写真に撮られ、後日家族や会社に曝露すると脅迫してくるケースもある。

また、加害者の女が18歳未満である場合、被害者の男性は、淫行条例、児童福祉法、児童買春・児童ポルノ禁止法(児童買春)などの法律に違反する可能性がある。そのため、警察に被害届や告訴状が出せず、泣き寝入りになりやすい。もちろん、加害者側もそれを見越して、18歳未満の女性を用意する傾向がある。また、おやじ狩りなどに代表される青少年犯罪の一形態として同種事件が起こる事例も報告されている。実際には、強盗殺人事件に発展したり、脅し取った金が暴力団の資金源になったりする事例がある。

上記は、美人局の定義ですが
実務的には
夫婦である必要はなく、夫婦の偽装、又はカップルやカップルの偽装
で美人局を行うのです。

よくある“美人局”の特徴

美人局(つつもたせ)の由来

美人局とは、夫婦がグルになって他の男と妻を深い関係にさせ、それをネタに金銭を要求したり脅迫することですが、なぜそれが美人局(つつもたせ)と呼ばれるようになったのか、気になったことはありませんか?

A びじんきょくって知ってる?
B もしかして、つつもたせのこと?
A え?

と恥ずかしい読み間違えをした人も多いと思われるこの言葉。

実はその漢字と読み仮名は別々の起源を持つとされています。

漢字の“美人局”は、語源が中国にあり、元の時代までさかのぼります。

娼婦を使って少年に売春をさせ、その女を自分の妻だと偽って金銭を奪い取っていた犯罪のことを指したものとされ、現在の美人局と同じような意味合いで使われていたようです。

一方、読み仮名の“つつもたせ”の方は、昔日本ではやっていた丁半博打(筒を使って行われます)で行われるイカサマのことを「筒もたせ」と読んでいたことが起源となっています。

そして、中国の美人局、日本の筒もたせが詐欺やイカサマという点で似ていることから、当て字として使われるようになったとされているのです。

美人局脅迫被害トラブルが爆発的に増加した現代事情

美人局脅迫被害トラブル手口も、悪質かつ巧妙になってきており、世間的な信頼や家族の信頼を失いたくないという思いや、美人局被害が露見することによって人生の崩壊になるリスクが存在することから、泣き寝入りする男性も相当数いると思います。
昭和の時代から爆発的に美人局脅迫被害トラブルが爆発的に増えた背景には、インターネットの普及があります。
昔は見知らぬ人と出会うには直接声をかけるか、手紙を書くしか出会いの手段がありませんでした。
しかし、インターネットの普及により、簡単に面識のない異性とコミュニケーションを取れるようになったのです。

ネット内のメールのやりとりは表面化しづらいこと、いつでもどこでも異性とつながれることなどが、一部の卑劣な悪人たちに悪用され、美人局脅迫被害トラブルが爆発的に増加するきっかけとなったと思います。

 

美人局被害脅迫トラブルは、売春と同様に有史以前から存在する脅迫・恐喝・詐欺的要素のある立派な犯罪です。

インターネットの普及が、美人局被害にあうきっかけとなる出会いの場も大きく変化し、インターネットの存在で、美人局脅迫グループたちは、日本全国何処にいながらも、容易に出来る犯罪となったのです。
実際に全国各地に美人局脅迫グループは存在しています。その中でも一番悪質なのは、暴力団関係者や半グレ・不良等、反社会的個人や組織がおこなっている美人局脅迫グループです。
この美人局脅迫グループの罠に引っかかった場合は、文字通り骨までしゃぶりつくされます。
1回要求通りに金銭を支払っても終わりはありません。
美人局脅迫者にとって、1回でも支払えば、お金の生る木、お金の出る打ち出の小づちとなるのです。
簡単には手放しは絶対にしないのです。
終わったかにも見えて数年も経過してから、美人局脅迫グループに再度脅迫されたり、美人局脅迫グループの仲間が、脅迫してくるケースもあります。

美人局脅迫被害トラブルに遭った場合の法的な慰謝料は正当なものか?

既婚女性と肉体関係を持った場合、一回限りの関係であったとしても、既婚女性の夫に対して慰謝料を支払わなければなりません。
夫が妻に対して持っている貞操権を侵害したということになるのです。
しかし、本当に美人局ということであれば、相手の夫は、妻の不貞をあらかじめ認めているのですから貞操権の侵害にはなりませんので、夫に慰謝料を払う必要はありません。
しかし美人局被害だと証明する手段がないのです。
実質、美人局かどうかを調べることは困難なので、泣く泣く美人局脅迫者の要求通りに金銭を支払う流れとなります。
また美人局脅迫被害にあっている男性が、既婚者の場合には、もう一つの弱みの材料が増えます。
「奥さんにバラそうか?」「子供が不倫を知ったら悲しむぞ!」と更に脅迫される材料が増えると、お金の要求の仕方も、多くなるのです。
普通の不貞行為に対する慰謝料請求額の平均的相場が200万円~300万円だとすると、既婚者が、美人局の被害者の場合、それよりも高額になるケースが多いです。
借金までさせられることは必至です。

既婚者が美人局被害に遭うと、美人局脅迫者から

「お前の奥さんや子供にばらすぞ!」
「既婚者の癖に不倫なんかしやがって、お前の会社にもばらすぞ!」

と脅かされることになります。

本当に、奥さんや子供、会社にばらすことをされたら
会社では、信用失墜で出世にも響くでしょう。
子供にも軽蔑されて、下手したら離婚になるでしょう。
人生最大のリスクです。
取り返しのつかない事態になります。

既婚者が美人局脅迫被害にあった場合、奥さんや子供に発覚・会社にもバラされることが最大の弱みになり、泣き寝入りしやすい大きな原因になります。
脅迫被害相談解決所には、実際にあった被害で、既婚者が被害者で、何回にも金銭を要求されて、美人局脅迫者に3000万円以上恐喝された実例もあります。
脅迫被害相談解決所は、既婚者が被害者の美人局被害でも、請け負った案件については、誰にも知られずに100%完全解決致しますので、美人局被害にあったら、まずはご相談ください。緊急性のある脅迫被害事件は全国即時対応しております。